花粉症に効く目薬の選び方3タイプ!目のかゆみにおすすめの対処法

花粉症 目薬

 

花粉症が原因で目に生じる症状は「涙の過剰分泌」「かゆみ」がありますが、特に多くの人が困っているのが「目のかゆみ」でしょう。

 

花粉症による目のかゆみが酷い人は、車の運転や室外の移動にすら支障が出てしまうほどだそうです。

 

また、目がかゆくてこすりすぎて眼球が乾燥してしまったり、女性はメイクをしているので目をこすってしまうとアイラインのメイクが落ちたり、目に入って症状が悪化することもあります。

 

目のかゆみを我慢できずに目をこすって悪化させ、目の周りの皮膚が赤く腫れてしまって憂鬱になった経験はありませんか?

 

ここでは、花粉症による「目のかゆみ」を抑える対処方法や目薬の選び方3タイプについてご紹介します。

 

 

1.花粉症の「目のかゆみ」に効果的な目薬の選び方3タイプ!

 

花粉症 目薬

 

花粉が目に入るとそれを除去しようと免疫機能が働き、花粉に対抗する「抗体物質」が生成されます。

 

この「抗体物質」は花粉の除去だけでなく、粘膜下組織にある細胞にも影響を与えるので、その細胞から「ヒスタミン成分」が生成され捻出されてしまいます。

 

そして、この「ヒスタミン成分」が目や目の周りの神経や、特に毛細血管を刺激してかゆみが発生してしまうのです。

 

花粉症に詳しい医師によると、最も効果的に目のかゆみの症状を緩和する目薬は以下の3タイプになります。

 

 

@「抗ヒスタミン剤」の目薬

 

ヒスタミン成分を直接中和してかゆみを除去してしまうので、点眼してすぐに症状がなくなります

 

 

A「抗炎症剤」の目薬

 

花粉症 目薬

 

ヒスタミン成分の刺激をカットする目薬で、抗ヒスタミン剤の目薬に次いで効果が高いです。

 

弱い薬なので頻繁に使えることがメリットです。

 

 

B「抗アレルギー剤」の目薬

 

最も強い成分が入った目薬で1日1〜2回しか点眼できません

 

ヒスタミン成分の生成から抑制する効果があります。

 

スポンサーリンク

 

いずれも市販と処方での購入が可能な、花粉症を含むアレルギー用の目薬です。

 

実際に眼科などの専門医に相談しても、服用薬を除くと処方されるのは基本的に目薬です。

 

専門医の処方箋による購入のメリットは、各タイプの目薬の「使いきりタイプ」が手に入ることでしょう。

 

「使いきりタイプ」は普通のものより効果が強く、副作用が弱いので比較的安心です

 

 

3.花粉症の目薬と併用すると効果的!「目の洗眼方法」

 

花粉症 目薬

 

花粉症の症状による「目のかゆみ」を最も迅速に解決するのは、目を「洗眼」することだと言われます。

 

水道水で洗うだけでも充分に効果的ですが、近年では目薬とは別に目に優しい「洗眼用の医療品」を使って洗眼するのもいいでしょう。

 

ただし「洗眼」による症状の除去の効果は1時間程度なうえに、女性でメイクをしている場合はアイメイクが崩れてしまうので、就寝前や起床時など「すぐにスッキリしたい時」がベストです。

 

 

3.就寝中の花粉症による目のかゆみを緩和する方法

 

花粉症 目薬

 

目を冷やす事でも「目のかゆみ」の症状を緩和することができます。

 

効果が劇的なわけではありませんが、セルフケアができない就寝中などにオススメできる対処方法です。

 

ただし、目の周りの皮膚は非常に柔らかくてデリケートなうえに薄いので、冷やし過ぎると逆効果な場合があります

 

「ヒスタミン成分」を含む免疫機能が作用してしまい、かえって「目のかゆみ」を促進することがあるのです。

 

また、冷やし過ぎると「冷却」による低温火傷をし易い部分でもあり要注意です。

 

おすすめなのは、就寝前に「冷アイマスク」という薬局の市販品を使って目に装着して眠りましょう。

 

「冷アイマスク」は目の周りの余分な熱を吸収して外部へ放出するので、冷却効果は低いですが低温火傷の心配は不要です。

 

かゆみで眠れないときなどに装着すると快適な睡眠が可能です

 

更に花粉症が重度の人の場合は就寝中に「無意識に目をこすって悪化」させてしまう場合があるので、「冷アイマスク」を装着して就寝することで予防できるでしょう。

 

 

4.外出時のおすすめの花粉症対策は?

 

花粉症 目薬

 

室外へ外出するときに「花粉症専用のメガネ」を装着するのもオススメです。

 

目の周りを物理的にガードすることによって、花粉が目の粘膜や目の周辺の皮膚に付着する事態を完璧にガードできます。

 

花粉症用メガネはやや大きめでゴツく目立ってしまうため、外見を気にする人にとっては躊躇してしまうかもしれません。

 

「メガネによる予防を優先するか」「外見を優先するか」で、使用しない人も多いでしょうね。

 

ただ、最近では「花粉症専用のメガネ」にもバリエーションが増えたので、女性向けの可愛いものや、成人男性向けにカッコいいものなど、ファッションとして通用するものも多くなりましたので、検討してみると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

普通のメガネ屋さんには効果が低い代わりに違和感のない、花粉症10〜30%カットの手軽なメガネも売られているので、多少の譲歩をする程度で症状の緩和方法としてメガネは選択肢に入れるのをオススメします。

 

 

まとめ

 

花粉症による目のかゆみの対処方法をご紹介しました。

 

  1. 目薬
  2. 目の洗眼
  3. 目を冷やす
  4. 外出時の花粉症用メガネの装着

 

効果の大きさと持続時間と手軽さを考えると「目薬」が一番の解決策と言えます。

 

目薬は迅速にかゆみの症状を除去できますし、洗眼のようにメイクや使用する場所などの制限を受けません。

 

また、洗眼より効果時間が長く、冷却より効果が大きいです。

 

医師が推奨する対策としては「目薬+服薬+メガネ」ですが、花粉症用メガネはそこまで浸透していないようです。

 

また、服薬は事前に飲んで予防するためのものなので、花粉症シーズンの目の周りの悩みの解決方法にはならないでしょう。

 

「専用の目薬選び」はその人のライフスタイルや体質もあるため、花粉症シーズン前に専門医から服用薬を処方してもらう際に目薬についても相談してみましょう。

スポンサーリンク



人気記事ランキング


花粉症 目薬
目が痛い4つの原因と症状とは?目の痛みを緩和できるセルフケア6選



花粉症 目薬
突然、目がチカチカするのはなぜ?光視症になる4つの原因と改善法



花粉症 目薬
コンビニで売られている目薬がオススメの理由と安全性は?



花粉症 目薬
誤った使用法に要注意!コンタクトで目が痛い原因と正しい対処法2つ



花粉症 目薬
目の症状に合わせた目薬選びの3つのポイントと効果的な目薬の使い方



花粉症 目薬
実は危険?!防腐剤入り目薬のデメリットとは?正しい目薬の選び方



花粉症 目薬
目が痛い時や充血する原因は?目の充血でわかる病気の危険性や対処法



花粉症 目薬
目の充血と目やにはいつまで続く?「流行性角結膜炎」の原因と対処法



花粉症 目薬
目が疲れた時は温める?冷やす?疲れ目に効果的な改善方法とは?



花粉症 目薬
目の痙攣は病気のせい?目がピクピク痙攣する3つの原因と対処法!



花粉症 目薬
目が充血する原因や要注意な症状とは?目の結膜充血に効果的な対処法



花粉症 目薬
若い人も注意!飛蚊症の原因や症状とは?飛蚊症を回復させる対処法



花粉症 目薬
目の奥が痛い原因は?!眼精疲労による頭痛の特徴と6つの改善方法



花粉症 目薬
目の上が痛い時におすすめ!眼精疲労に効果的な予防法と改善方法2つ



花粉症 目薬
目薬がしみるのは危険信号?!ドライアイの要注意な症状と改善方法



花粉症 目薬
花粉症に効く目薬の選び方3タイプ!目のかゆみにおすすめの対処法



花粉症 目薬
妊婦が目薬を使う時のポイント6つ!妊婦が使ってはいけない目薬は?




花粉症 目薬
目などが痙攣する原因6つと併発しやすい症状は?痙攣を改善する方法



花粉症 目薬
危険な病気かも?!目の周りが痛い時に考えられる5つの原因と対処法



花粉症 目薬
風邪をひいて目が痛いのはなぜ?目が痛む風邪の合併症と対処法3つ



花粉症 目薬
目の疲れを解消する方法3選!眼精疲労の予防に役立つ5つのポイント